人生を左右するセフレ探し4つのルール


ザ・インシデント 暗闇と迷路と精随瘧Q者

投稿者: admin, カテゴリー: Uncategorized

なんというか、すごい嫌な映画なんだけど先の読めない展開に楽しめた作品です。
続出というコピーでありながら失垂ヘしない映画です。
なんか胸の中がモヤモヤする映画です。
映画レビューNo218ザインシデントスタッフキャスト評価監督アレクサンドルクールテキャストルパートエヴァンス、ケニードーティ、デイヴレジー、マーカスガーヴィー、アンナスケラーン、リチャードブレイク盗煤80刀凵あらすじ精随瘧Q者を隔離し、そこで生活させるサンズ精翠ネ保護施設。
そこでは多くの精随瘧Q者が生活し、毎日規則正しい生活を強いられ精粋タ定剤を摂取しながら生活していた。
そのサンズ精翠ネ保護施設でバンド仲間と一緒に料理人の仕事をしていたジョージ。
いつものように、肉を手際よく刻み、施設で生活する者たちの料理を作っていた。
厨房と食堂はガラスで区切られ、入所者はそれぞれの部屋で寝るという安全なセキュリティーに不安を抱きつつ仕事をしていたジョージは、やはりどうしても入所者への不安は消えなかった。
そんなある日、激しい雷雨によって施設が停電。
所内が暗闇に包まれた上に、電気で作動していたセキュリティーも停止。
やがて薬を飲まなかった入所者が興奮状態に陥り、施設内は地獄へと化す。
他の入所者に暴力を振るう者、管理者に襲い掛かる者、食べ物を求めて暴れる者。
施設に取り残されたジョージとそのバンド仲間は脱出を試みる。
好きなシーン施設内からの脱出レビュー精随瘧Q者が隔離されている施設で起こる恐ろしい惨劇。
精枢Nこし興奮状態になった入所者の奇行や言動が恐怖をさらに加速させる。
閉鎖された施設内で尚且つセキュリティーシステムが停止した今、その場から秩序はなくなった。
監督はアレクサンドルクールテ。
閉鎖された施設内で精随瘧Q者と健常者が渦巻くカオスな状況を容赦ないグロテスク表現と心理描写で描くソリッドシチュエーションスリラー。
第36回トロント国際映画祭で話題を集めた今作。
パンデミックでもホラーでも殺人鬼でもゾンビでもない。
人間と人間の交わりなのだけれどどこか異様な雰囲気を放っている。
ドロドロした嫌な雰囲気が纏わりついて離れない。
重苦しく尚且つ加速する恐怖が襲ってくる。
映画のパッケージには失錘メ続出という文字。
これを見て借りてきたのですが、失垂キるほどの驚愕な描写はないです。
それよりも触法精随瘧Q者たちの奇行がただただ恐ろしい。
これはただの精随瘧Q者ではない。
あくまで触法精随瘧Q者。
法に触れるほどの罪を犯した精随瘧Q者の隔離施設の映画です。
故に停電で無法地帯となったその施設はだれにも止められない。
ゾンビなんかよりももっと恐ろしい。
人間という知能を持った生物が狂気に満ちた行動をとる。
そのありえない現象の中で、ジョージがいかに逃げるかを描いています。
迷路のような施設の中を逃げ惑っては、その逃げている最中に入所者の奇行が目に入る。
イスを持って暴れる者、机の脚を持って上下に振っている者、鍋に自分の尿を入れてスープのようなものを作っている者。
その言ってしまえば非常に不快な行動を惜しみなく描く。
その奇行を見ているだけで吐き気がするほど。
ましてやジョージはその奇行を生で幾度となく見せられる。
精垂ェ崩壊しそうなその状況に見ている側も耐えがたい。
触法精随瘧Q者が彷徨う精翠ネ保護施設。
暗闇でいてセキュリティーも作動せずに逃げられない。
そんな極限の閉鎖空間で起こった惨劇。
逃げたいのに逃げられない。
ましてや相手は化け物などではなくただの人間。
その唐ェさらに恐怖を増していく。
先の読めない展開と息苦しくなる閉鎖空間を心の底から感じてみてください。
きっと停電の夜は眠れない。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。